ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 1話のネタバレ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましての1話のネタバレを紹介します。

 

1話「雪の降る夜に出会った少女はパスタを食べたことが無いと言った」

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

一人の女の子が父親から性的虐待を受けていた。

 

「おらよ!もっとキツく締めねえか!」「いつも言ってんだろ!できそこないのクズ娘が!」

 

そう言って父親は腰を動かしているが、女の子は無言のままじっとしている。

 

「お腹空いた…」という女の子に父親は「あ…なんだてめえ…やることやらねえで…」と女の子の頬を叩く。

 

酒が切れてしまった父親は酒を買いに家から出て行った。

 

その隙に女の子は家から外に出て、夜道を薄着で歩く。

 

途中、疲れてしまった女の子は道端にしゃがみこんでしまう。

 

そんな女の子の前に一人の男性が近寄って来た。

 

男性は女の子を警察に連れて行こうとするが、女の子は抵抗し、再び歩き出そうとするが、転んでしまい気絶してしまう。

 

そんな女の子を男性は自宅に連れていき、パスタを作ってあげる。

 

女の子は男性に不信感を持っており、パスタに手を付けない。

 

そんな女の子を見た男性は、自己紹介を」しようと、自分の名前を名乗る。男の名前は、石川。

 

それを聞いた、女の子はナナと名乗った。

 

石川はナナにパスタを再び食べるように勧め、ナナも空腹に耐えられなくなってパスタを食べ始めた。

 

あまりの美味しさにパスタをぺろりと完食したナナ。

 

そして、パスタのお礼に石川にやらせてあげると言う。

 

石川は戸惑い、困惑するが…。

 

ナナはお構いなしに石川のズボンのチャックを下ろし始める。

 

そして、露になった石川のアソコを手で触り始め、さらにお口でペロペロ舐め始めた。

 

「が…っ!う…っ、あ…っ」

 

石川はナナのお口のテクニックの前にあっという間に出してしまう。

 

そして、私の穴に入れていいですよと石川に言った。

 

2話へと続く…。